【ベテルギウスS】(阪神)~マイネルバイカが逃げ切る [News]
2015/12/20(日) 15:51
阪神10Rのベテルギウスステークス(3歳以上オープン・ダート2000m)は5番人気マイネルバイカ(A.アッゼニ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒7(良)。2馬身差の2着に3番人気アスカノロマン、さらに3/4馬身差の3着に10番人気イッシンドウタイが入った。

マイネルバイカは栗東・西村真幸厩舎の6歳牡馬で、父ロージズインメイ、母スギノセンヒメ(母の父フォーティナイナー)。通算成績は33戦8勝。

~レース後のコメント~
1着 マイネルバイカ(A.アッゼニ騎手)
「乗りやすい馬です。ゲートはよくないと聞いていましたが、今日は問題なく出て、自分でペースを作るという思い通りのレースができました」

2着 アスカノロマン(太宰啓介騎手)
「前の馬に楽をさせた分でしょうか。届きませんでした」

3着 イッシンドウタイ(田辺裕信騎手)
「久々で58キロを考えたら、よくがんばっています。ゲートをしっかり出てくれたことが大きかったですね。これで上積みがありそうです」

4着 ドコフクカゼ(岩田康誠騎手)
「内で砂もかぶらず、思い通りのレースでした。全体的にうまくいったのですが、少し重かったのかもしれません」

5着 トウシンイーグル(和田竜二騎手)
「行きっぷりがよくなっていました。それでも外に張るようなところがあり、そのぶん少し追いづらくなりました」