【リゲルS】(阪神)~ダッシングブレイズがゴール前捉えて3連勝 [News]
2015/12/19(土) 16:59
阪神11Rのリゲルステークス(3歳以上オープン、芝1600m)は1番人気ダッシングブレイズ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒1(良)。1/2馬身差2着に3番人気グァンチャーレ、さらに1馬身1/4差で3着に2番人気アルバートドックが入った。

ダッシングブレイズは栗東・吉村圭司厩舎の3歳牡馬で、父Kitten's Joy、母Blazing Bliss(母の父Honour and Glory)。通算成績は10戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ダッシングブレイズ(浜中騎手)
「落ち着きが段々と出てきましたし、レースは強かったと思います。まだまだ良くなる余地はあると思います」

(吉村圭司調教師)
「つかまえられるのか、ヒヤッとしましたが、勝てて良かったです。今日は+16キロ、体に余裕があるのは事実ですが、成長分もあると思います。この後はオーナーと相談ですが、金杯(京都)に登録するかもしれません。重賞でも楽しみですし、マイル路線を歩みます」

2着 グァンチャーレ(武豊騎手)
「ゲートを出ましたから、今日は好位で競馬をしました。全体的にはうまく行きましたが、勝った馬が強かったですね」

5着 ウインプリメーラ(和田騎手)
「本来の、この馬の競馬が出来ました。阪神になると、京都とは何か違って、こういう負け方をしてしまいます。でも、戻ってきていますし、京都になればと思います」

6着 ダローネガ(ボウマン騎手)
「トップギアに入る前にゴールを迎えてしまいました。いい感じでしたが、もう少し早く仕掛けても良かったと思います」