【メイクデビュー】(阪神5R、6R)~エールデュレーヴ、サトノファンタシーが勝利 [News]
2015/12/19(土) 14:00
阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝1600m)は2番人気エールデュレーヴ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒3(良)。1馬身1/4差2着に3番人気アドマイヤロマン、さらにクビ差で3着に5番人気ラグナグが入った。

エールデュレーヴは栗東・須貝尚介厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母レーヴディマン(母の父Highest Honor)。

~レース後のコメント~
1着 エールデュレーヴ(川田騎手)
「まだまだ幼いところがあります。終始外に逃げて、頭も上げていました。それでも無事に勝ち上がってくれて良かったです」

(須貝尚介調教師)
「血統的な背景が良いですし、自信はありました。普段はオンとオフをはっきりさせられるタイプで、競馬ではカリッとしてくれます。その分、レースに影響がありません。まだまだこれからの馬です。今後のことは様子を見ながら考えます」

5着 サワヤカミスター(竹之下騎手)
「力があるのは分かっていましたが、調教量が少ない中、よく頑張ってくれました」

6着 アグネスザルーツ(ボウマン騎手)
「スピードがある馬です。しかし、競馬を覚えてくれば良いと思います。距離については、走るようになってから考えればいいのではないでしょうか」


阪神6Rのメイクデビュー阪神(ダート1400m)は2番人気サトノファンタシー(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒5(良)。7馬身差2着に1番人気オリヒメ、さらに1馬身3/4差で3着に4番人気ラグランジュが入った。

サトノファンタシーは栗東・松田国英厩舎の2歳牡馬で、父クロフネ、母ディナーブレイク(母の父Tale of the Cat)。

~レース後のコメント~
1着 サトノファンタシー(M.デムーロ騎手)
「調教の動きは今一つでしたが、レースではよく走ってくれました。スタートは良くありませんでしたが、ダートに入ってからはいい走りでした。距離はこのくらいが合っていますが、もう少し長くても大丈夫でしょう」

2着 オリヒメ(浜中騎手)
「とてもいい走りをする馬です。競りかけられてもムキにならず、フワフワした感じで走っていました。1回レースを使ってどう変わるかですが、芝も良さそうですし、距離もマイルくらいまでなら大丈夫でしょう」

3着 ラグランジュ(松若騎手)
「前向きな性格でセンスのいい馬です。ダートに入ってからの行きっぷりが良く、飛んで来る砂も嫌がっていませんでした」