【阪神JF】(阪神)~メジャーエンブレムが人気に応えてGI初V [News]
2015/12/13(日) 16:52
阪神11Rの阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GI・牝馬・芝1600m)は1番人気メジャーエンブレム(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒5(良)。2馬身差の2着に10番人気ウインファビラス、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気ブランボヌールが入った。

メジャーエンブレムは美浦・田村康仁厩舎の2歳牝馬で、父ダイワメジャー、母キャッチータイトル(母の父オペラハウス)。通算成績は4戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 メジャーエンブレム(C.ルメール騎手)
「内枠から、とてもいいスタートを切れました。最初は少し引っかかりましたが、道中は落ち着いてリラックスしていました。長くいい脚を使ってくれましたし、最後までがんばってくれました。JRAのジョッキーになって、初めてGIを勝てて本当に嬉しいです。彼女(メジャーエンブレム)はとてもいい馬ですし、来年のクラシックも楽しみです」

(田村康仁調教師)
「嬉しいです。この馬はGIをとれる馬だと信じていて、それが証明できてよかったです。前走は騎手に反抗するところはありましたが、調教を重ねて、今回はコントロールできていました。仲のいい調教師が続々と勝つ中で、自分にどうして順番が回ってこないのかと考えることもありましたが、勝ってみると18年は短かったという思いです」

2着 ウインファビラス(松岡正海騎手)
「悔しいです。今日は勝負駆けのつもりで作っていましたし......。来年リベンジしたいです」

3着 ブランボヌール(中竹和也調教師)
「ジョッキーによると、バカついた馬がいて外を回らされる形になったということでした。ただ、外から伸びているのはこの馬だけでしたし、がんばってくれたと思います」

4着 ペプチドサプル(古川吉洋騎手)
「向正面でガチャガチャしていましたが、ひるまずによく伸びてくれました」

5着 アットザシーサイド(三浦皇成騎手)
「内の馬を気にして、外に張り気味でした。それでも最後は外に出して、いい脚を使っています。タフな馬場でがんばってくれていますし、ラストはペースが落ち着いた分、脚色が一緒になっていましたが、能力は高い馬です」

6着 ペルソナリテ(柴田大知騎手)
「最後にハミをとって、グンと伸びてくれました。能力はありますが、ペース的にあの位置からではちょっと厳しかったですね。ただ、これからさらによくなってくると思います」

8着 クロコスミア(勝浦正樹騎手)
「初めて伸びませんでした。今まででいちばん馬とのコンタクトはよかったですし、勝った馬の後ろでしたから、いい位置だったと思います。どうしたのでしょうか......」

9着同着 アドマイヤリード(菱田裕二騎手)
「ゲートを出る前の馬の雰囲気はよかったのですが、3~4コーナーでは逆手前になっていて、バランスを崩すようなところもありました。今日は勝った馬のペースになってしまったことも響きました」