【三河S】(中京)~ポメグラネイトが逃げ切る [News]
2015/12/13(日) 16:29
中京11Rの三河ステークス(3歳以上1600万下・ダート1400m)は4番人気ポメグラネイト(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒6(稍重)。3馬身差の2着に9番人気ランドマーキュリー、さらに半馬身差の3着に13番人気コアレスキングが入った。

ポメグラネイトは栗東・長浜博之厩舎の4歳牡馬で、父ダイワメジャー、母フレンチバージン(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は25戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ポメグラネイト(和田竜二騎手)
「今日は馬の状態もよく、スピードの違いで楽に前へ行けました。直線では遊びながら最後まで脚を使いました。強いレースでした」

2着 ランドマーキュリー(幸英明騎手)
「最後はいい伸びでした。勝った馬は強かったですが、それ以外の馬はみんな交わしてくれました」

4着 メイショウアイアン(鮫島克駿騎手)
「外に出して、スムーズにレースができました。あと少しで勝ち負けでした。力のある馬です」

5着 サノイチ(丸山元気騎手)
「この馬としてはベストの競馬ができました。最後に残れなかったのは勝ちに行った分でしょう」

6着 セイラ(荻野琢真騎手)
「いい脚を使いましたが、今日は前残りの馬場ですし、芝スタートもよくないようです。まとめて差し切る脚が使えるようになってきました。近いうちにチャンスがあると思います」

8着 トウカイビジョン(松若風馬騎手)
「最後の直線で内に入って、うまくさばけませんでした」

15着 ミッキーシーガル(松田大作騎手)
「いい感じでレースはできたと思ったのですが、伸びませんでした。理由はよくわかりません......」