【メイクデビュー】(中山5R、6R)~アルカサル、ジルズパレスが勝利 [News]
2015/12/12(土) 14:02
中山5Rのメイクデビュー中山(芝1800m)は2番人気アルカサル(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒6(良)。クビ差の2着に3番人気マヤノピナクル、さらに2馬身半差の3着に5番人気スイートメモリーズが入った。

アルカサルは美浦・大竹正博厩舎の2歳牡馬で、父ドリームジャーニー、母アビラ(母の父Rock of Gibraltar)。

~レース後のコメント~
1着 アルカサル(田辺裕信騎手)
「まだ緩いところがあるので、新馬向きではないと思っていました。しかし、それで勝てたのですから、上積みがあるでしょうし、今後も楽しみです。交わされる感じはありませんでした。ただ、スパッと切れる感じはありません。勝ちましたが、芝はどうでしょうか。いろいろ可能性もあるかもしれません」

2着 マヤノピナクル(三浦皇成騎手)
「競馬が上手です。しかし、子どもっぽさがあって、ハミを抜いたり取ったりしていました。気持ちが乗ってからはいい走りでしたし、坂を上がってからもうひと伸びしてくれました」

3着 スイートメモリーズ(柴山雄一騎手)
「競馬が上手だと思います。これからどんどんよくなっていきそうです」

5着 ローレルジャック(松岡正海騎手)
「気の悪いところがあるので、行けませんでした。徐々によくなっていくのではないでしょうか。能力はあります」

8着 オーバーターン(石川裕紀人騎手)
「体の小さい馬で、非力さがそのまま出てしまいました。道中で楽をした分、伸びてほしかったですね。それでも一生懸命走っています。次で変わってくれれば、そのあたりも対応できると思います」


中山6Rのメイクデビュー中山(ダート1200m)は1番人気ジルズパレス(柴山雄一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分12秒8(重)。2馬身差の2着に4番人気ティアップヒート、さらに3馬身半差の3着に8番人気スターアリュールが入った。

ジルズパレスは美浦・木村哲也厩舎の2歳牝馬で、父Tale of the Cat、母Jill's Gem(母の父Mineshaft)。

~レース後のコメント~
1着 ジルズパレス(柴山雄一騎手)
「強かったです。砂を被ってフワフワしていたのですが、直線で砂を被らないところに出たら、脚色が違いました。いいスピードを持っています。レースを経験して、さらによくなると思います」

2着 ティアップヒート(大野拓弥騎手)
「周りに気をつかっていたりと課題はありますが、しっかりと走っていました。経験を積んでいけば、さらにいいと思います」

5着 フッカツノノロシ(的場勇人騎手)
「ダートの走りがよかったですし、直線で砂を被らないところに出したら、いい脚で伸びてくれました。使ってよくなると思います」