【阪神JF】栗東レポート~キャンディバローズ [News]
2015/12/10(木) 17:19
 ファンタジーステークスを勝ったキャンディバローズの最終的な速いタイムでの調整は木曜の朝に栗東トレーニングセンターの坂路コースで行われた。
 調教後の関係者へのインタビューの内容は以下のとおり。

●キャンディバローズ(矢作芳人調教師)

◎3戦目で重賞制覇となったファンタジーステークスを振り返ってください。
 センスの良さと勝負根性という彼女の持っている良さを全て出し切ってくれたレースだったと思います。重賞を勝てて凄くうれしかったですね。

◎札幌の未勝利戦は内枠から好スタートで、ファンタジーステークスは外枠から外回りの坂のあるコースもこなしましたね?
 (ファンタジーステークスでは)坂も外枠も不安に思っていたのですが、人間の心配が杞憂に終わるほどレースセンスの良さを見せてくれました。

◎ここ2戦はスタートセンスが抜群に良かったですね?
 そこは何も心配なく、今回もいいスタートが切れると思いますよ。

◎今朝の坂路コースでの調教はどうだったでしょう?
 先週にしっかり負荷をかけて調教していました。ですから先週の調教の後は馬に少し疲れがありました。今週は疲れを残さないように当初から木曜日に3ハロンからの調整と決めていて予定どおりの調教ができたと思います。

◎今朝は楽な感じで最後の1ハロンは12秒6というタイムでしたね?
 12秒台の前半のタイムが出るかと思っていたのですが、まあ今日は十分です。

◎日曜のレースへは好感触で向かえそうですね。
 そうですね。そうしたことを含めての木曜の調整でしたから順調に来ていると思います。

◎今回は直線に坂のある阪神コースで今晩から雨の予報も出ています。いろいろ課題はありそうですが?
 雨も含めてそれも競馬ですから僕があれこれ考えても仕方のないことですが、小さな子なのでできればいい馬場でやらせてあげたいというのが本音です。

◎直線の坂についてはどうでしょう?
 これも初めからわかっていることなので考えても仕方のないことですが、冷静に考えれば平坦コースの方が好ましいとは思います。

◎父がディープインパクトの小柄な馬ですが瞬発力がありますね?
 本当にディープインパクトの子らしいというか、バネのある馬ですね。

◎今、一番アピールできる点はどういうところでしょう?
 センスの良さでしょう。操縦性もいいし、気性も素直、ゲートも速いということで、ロスのない競馬ができるのではないでしょうか。

◎今回はまた前回とは相手が違ってきますが?
 違うと言っても飛び抜けた馬はいないと思っています。(この馬は)混戦のトップグループの中の一頭だと思っています。

◎来年へ向けて期待がかかりますね?
 オーナーの夢が桜花賞制覇なので桜花賞を取れるようにこれからも進めて行きたいですし、そのためにもこのメンバーで桜花賞と同じコースで来年へ夢を持たせてくれるレースをして欲しいと思っています。

(取材:佐藤泉)