【チャンピオンズC】(中京)~6歳牝馬サンビスタが直線抜け出してV [News]
2015/12/06(日) 16:52
中京11Rのチャンピオンズカップ(3歳以上GI・ダート1800m)は12番人気サンビスタ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒4(良)。1馬身半差の2着に3番人気ノンコノユメ、さらにクビ差の3着に5番人気サウンドトゥルーが入った。

サンビスタは栗東・角居勝彦厩舎の6歳牝馬で、父スズカマンボ、母ホワイトカーニバル(母の父ミシル)。通算成績は28戦11勝。

~レース後のコメント~
1着 サンビスタ(M.デムーロ騎手)
「いいスタートから、いいポジションでレースができました。4コーナーでは進路が狭くなるところもありましたが、気持ちが入っていたので直線もがんばってくれました。一頭になったら少し気を抜くところもありましたが、それでも本当にいい脚でした。私自身、今年は皐月賞とダービーを勝てて、いいリズムです。そして初めてダートのGIも勝てました。いつも皆さんの応援に感謝しています」

2着 ノンコノユメ(C.ルメール騎手)
「忙しいレースになりました。それにしても前から位置が離れすぎていました。レース自体は1番枠ということもあり、内を突くという思い通りのレースができました。ただ、このコースであの位置取りは厳しいですね。まだ3歳ですし、今後が楽しみになるような内容でした」

3着 サウンドトゥルー(大野拓弥騎手)
「内を突こうと思いましたが、切り替えて直線は外に出しました。直線は本当にいい伸びで、JRAのコースでもこれだけやれるんだというところは見せてくれました。レースそのものはうまく直線まで運んで、終いを生かすという思い通りのレースでした。ペースが速くて追走に苦労しましたが、これが競馬です」

4着 ロワジャルダン(浜中俊騎手)
「ペースも速く、外枠からのレース。2着はあるかと思いましたが......。内枠だったら違っていたかもしれません」

7着 コパノリッキー(武豊騎手)
「1~2コーナーで絡まれて息が入らず、厳しかったですね。それに1コーナーからゴールまで手前を替えませんでした。ある意味、この馬のウィークポイントが出たレースだったかもしれません」