【タンザナイトS】(阪神)~テイエムタイホーが直線抜け出す [News]
2015/12/06(日) 16:39
阪神11Rのタンザナイトステークス(3歳以上オープン・芝1400m)は2番人気テイエムタイホー(松田大作騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒7(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気ミッキーラブソング、さらにハナ差の3着に10番人気マイネルエテルネルが入った。

テイエムタイホーは栗東・鈴木孝志厩舎の6歳牡馬で、父ニューイングランド、母マンダリンママ(母の父Lord At War)。通算成績は38戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 テイエムタイホー(松田大作騎手)
「馬も力をつけていると思いますし、阪神の競馬は合いますね。重賞でも楽しみはあると思います。期待しています」

(鈴木孝志調教師)
「いろいろな選択肢があると思いますが、次走は同じ舞台ですし、阪神カップが有力になります」

2着 ミッキーラブソング(小牧太騎手)
「スタートを出ましたし、いい位置につけて行きました。ただ、行っていた分、切れませんでした。難しいですね」

3着 マイネルエテルネル(菱田裕二騎手)
「初めて乗りましたが、すごく乗りやすくていい馬です。道中はすごくいいリズムで走れましたし、開幕週ということでインにこだわって乗りました」

5着 ブラヴィッシモ(川田将雅騎手)
「内枠なら、また違ったと思います」

14着 ブレイズアトレイル(藤岡康太騎手)
「久々に乗りましたが、年齢を重ねて余計なことをしなくなりました。ただ、勝負どころから反抗するようなところを見せ、以前ほど真剣に走れていない感じでした」