【逆瀬川S】(阪神)~ガリバルディが2馬身差Vで3連勝 [News]
2015/12/05(土) 17:01
阪神11Rの逆瀬川ステークス(3歳以上1600万下、芝1800m)は1番人気ガリバルディ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒0(良)。2馬身差2着に3番人気ブラックムーン、さらにクビ差で3着に5番人気イリュミナンスが入った。

ガリバルディは栗東・藤原英昭厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母シェンク(母の父Zafonic)。通算成績は12戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ガリバルディ(ルメール騎手)
「馬の後ろで折り合えましたが、4コーナーで前に馬がいなくなると少し行きたがっていました。しかし、直線では長く脚を使える馬ですから、最後の2ハロンは加速をキープしました。今回の1800mの距離がちょうどいいでしょう」

(藤原英昭調教師)
「やっと馬がしっかりしてきて、狙い通りのパフォーマンスが出来るようになりました。重賞を取らせたい馬ですから、今後は色んな可能性を試したいですね」

2着 ブラックムーン(浜中騎手)
「1800mの距離でも上手に走っていました。まだ良くなる馬です」

4着 ムーンクレスト(松若騎手)
「前半に少しハミを噛むようなところがありましたが、すぐにそれが抜けると折り合って走りました。直線では交わせる勢いでしたが、少しハミを噛んで走った分でしょうか、思ったほど伸びませんでした」

5着 タイセイアプローズ(松山騎手)
「マイペースでリズム良く走れました。直線ではこの馬なりに伸びています」