【葉牡丹賞】(中山)~メートルダールが後方から脚を伸ばして連勝 [News]
2015/12/05(土) 15:57
中山9Rの葉牡丹賞(2歳500万下、芝2000m)は3番人気メートルダール(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒6(良)。ハナ差2着に4番人気ヒプノティスト、さらにクビ差で3着に8番人気リッチーリッチーが入った。

メートルダールは美浦・戸田博文厩舎の2歳牡馬で、父ゼンノロブロイ、母イグジビットワン(母の父Silver Hawk)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 メートルダール(戸崎騎手)
「前走より素軽くなっていました。馬が良くなっています。いい脚を長く使ってくれます。今後も楽しみです」

(戸田博文調教師)
「少しヒヤヒヤしました。まだ子供子供するところは残っていますが、いいモノを持っています。稽古ではまだビシッとやっていない中でこの競馬です。さらに力をつけてくれると思います。今年はこれでお終いで、来年は京成杯あたりを目指したいと思っています」

2着 ヒプノティスト(奥村武調教師)
「今日も手前を替えて、右に左に行こうとしていました。最後は他の馬に挟まれてまっすぐ走っていました。まだ子供っぽいところがあります。道中はエキサイト気味に行って、楽に来ていましたから、余力は十分にありました。走るのは分かっていますが、勝負になると難しいところがあります」

4着 マツリダバッハ(蛯名騎手)
「もう少し早めに出られれば良かったです。仕方がありません」

5着 ゲッカコウ(津村騎手)
「最後は前が詰まってしまいました。あれがなければもう少し際どいところまで行っていたでしょう」

6着 ウインシンフォニア(三浦騎手)
「自分のリズムで行けました。クラウンスカイが逃げるのは分かっていました。折り合いがついて、上手に競馬をしてくれました。トモの感じから、位置にこだわらない東京の方がいいと思います。馬格もありますし、さらに良くなってきそうです」