【メイクデビュー】(中山5R、6R)~キタサンガンバ、トウカイフィーバーが勝利 [News]
2015/12/05(土) 15:47
中山5Rのメイクデビュー中山(芝1200m)は1番人気キタサンガンバ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒4(良)。ハナ差2着に4番人気ワンダフルボーラー、さらに1/2馬身差で3着に2番人気グリニッチヴィレジが入った。

キタサンガンバは美浦・小笠倫弘厩舎の2歳牡馬で、父キンシャサノキセキ、母ケイアイカミノアシ(母の父ブライアンズタイム)。

~レース後のコメント~
1着 キタサンガンバ(小笠倫弘調教師)
「上がり勝負になって、狭いところに入っていたのでドキドキしました。さすが名手です。稽古で動いていたのである程度走れると思っていましたが、いい瞬発力を見せてくれましたし、この後の選択肢が広がりました」

2着 ワンダフルボーラー(戸崎騎手)
「センスのいい走りをしています。特に問題もないので、このまま行って欲しいです」

7着 オレノカッチー(田中勝騎手)
「スピードはありますが、物見をして外に逃げていました」


中山6Rのメイクデビュー中山(牝馬限定、ダート1200m)は11番人気トウカイフィーバー(江田照男騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒6(良)。1馬身1/4差2着に6番人気チュラカーギー、さらにアタマ差で3着に4番人気カリアティードが入った。

トウカイフィーバーは美浦・菊川正達厩舎の2歳牝馬で、父エンパイアメーカー、母トウカイポプリ(母の父タイキシャトル)。

~レース後のコメント~
1着 トウカイフィーバー(江田照騎手)
「先週の追い切りでは、まだどうかなと思っていました。しかし、一生懸命走る馬で、調教の本数をやった分、カバー出来たかと思います。もう少し体力がついて走りもしっかりしてくれば、もっと良くなるでしょう」

(菊川正達調教師)
「いいところがあると思っていました。調教をやるごとにバネが出て、切れも出てきました。この馬の兄が大井でちぎって勝ったこともあり、ダートの短いところにしました。今後は芝も試してみたいです。距離は短い方がいいと思います」

3着 カリアティード(石川騎手)
「スピードがあって競馬も上手です。結果的に動き出すのが早かったかもしれません。トモが緩くてフラフラするところがあります。今後はもっと良くなるでしょう」

4着 スパイラルアップ(戸崎騎手)
「スタートがうまくいかず、スピードに乗れませんでした。その後はしっかり走れていました」

5着 ネイチャーセンス(丸山騎手)
「スタートが良く、流れに乗れました。揉まれて砂を被った時はどうでしょうか」