【イルミネーションジャンプS】(中山)~サナシオンが障害無傷の5連勝飾る [News]
2015/12/05(土) 15:15
中山8Rのイルミネーションジャンプステークス(障害オープン、3歳以上、芝3570m)は1番人気サナシオン(西谷誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分58秒2(良)のレコード。5馬身差2着に7番人気アシュヴィン、さらに2馬身1/2差で3着に3番人気アポロマーベリックが入った。

サナシオンは栗東・松永幹夫厩舎の6歳牡馬で、父シンボリクリスエス、母ジェダイト(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は35戦8勝。

~レース後のコメント~
1着 サナシオン(西谷騎手)
「今日は少しイレ込んでいて、最初の障害で少し遠めに飛んでしまいましたが、それでかえって馬が冷静になりました。バンケットは福島も使っていますし、昨日もスクーリングして何の不安もありませんでした。レコードが出るようないい馬場だと思っていました。いつも4コーナーで気合いを入れますが、最後は流す感じでした。障害の超一流馬は、障害を臆さず、加速して障害を飛ぶので完歩が乱れません。次に向けていいレースが出来ました」

2着 アシュヴィン(林騎手)
「完璧に乗れましたが、相手が強かったです。中山コースは合いますし、右回りはしっかりしています」

3着 アポロマーベリック(五十嵐騎手)
「いい時はもっと馬が楽に行けたので、もっと行って欲しかったです。一番得意なコースは中山です。いい状態で本番を迎えられるようにしたいです」

4着 オジュウチョウサン(石神騎手)
「ゲートは良かったですが、前半のトビが今一つでした。後半は良くなりましたが、距離のある大障害の方が捌きやすいです」

5着 エーシンジーライン(白浜騎手)
「スタート速く、いいところで理想的な競馬でした。最後のバンケットで他馬に挟まれましたが、スムースに行っていたらもう少しやれたと思いますが、10歳馬、本当に頭が下がります」