【メイクデビュー】(阪神5R、6R)~カサロサーダ、メイショウカネサダが勝利 [News]
2015/12/05(土) 13:57
阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝2000m)は2番人気カサロサーダ(松若風馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分04秒0(良)。1馬身1/2差2着に1番人気ルージュバローズ、さらに3馬身差で3着に5番人気インザサイレンスが入った。

カサロサーダは栗東・矢作芳人厩舎の2歳牝馬で、父ステイゴールド、母センブラフェ(母の父Manipulator)。

~レース後のコメント~
1着 カサロサーダ(松若騎手)
「ゲートの出が速く、楽に逃げられました。道中、物見をするところはありましたが、相手が来ると、来られた分、また伸びてくれました。もう少し距離はあっても良さそうです。(阪神の芝について)クッションのきいた、走りやすい馬場ですね」

2着 ルージュバローズ(ルメール騎手)
「エンジンの掛かりは遅かったのですが、4コーナーからの反応は良かったです。頑張りましたが、勝った馬が強かったです。次はチャンスだと思います」

3着 インザサイレンス(小牧騎手)
「1回使ってからですね。それを考えれば、いい脚でした」


阪神6Rのメイクデビュー阪神(ダート1200m)は2番人気メイショウカネサダ(酒井学騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分12秒5(稍重)。5馬身差2着に3番人気ロワゾブルー、さらにクビ差で3着に5番人気ワンダーリーデルが入った。

メイショウカネサダは栗東・藤沢則雄厩舎の2歳牡馬で、父タイキシャトル、母ブラックティー(母の父チーフベアハート)。

~レース後のコメント~
1着 メイショウカネサダ(酒井騎手)
「調教からいい馬だということはつかんでいました。突かれると掛かるところはありますが、前に馬を置く形になると落ち着いてくれます。反応が良く、今後のためにステッキも使いましたが、手で追うだけでもいけるような反応でした。まだ子供っぽいところもありますが、1400mでも大丈夫でしょう。芝よりはダートの方がいいと思います」