【チャンピオンズC】栗東レポート~コパノリッキー [News]
2015/12/02(水) 21:53
 骨折明け2戦目のJBCクラシックを鮮やかに逃げ切ったコパノリッキーは徐々に陽が高くなった7時半前に武豊騎手が騎乗してウッドチップコースに入り1頭で楽な感じでコースを駆け抜けた。

 調教後の関係者への共同インタビューの内容は以下の通り。

●コパノリッキー(鹿屋信一調教助手=村山厩舎)
◎前回のレース後はどんな状態でしょうか?
 疲労を残さないように前回のレースの後は厩舎でじっくり休養させてから調教を始めたので雰囲気は良く仕上げって来ていると思います。

◎前回のレースの勝利はまた大きな勝利だったのではないですか?
 前回はこのチャンピオンズカップが大目標でしたから仕上がり加減ではもうひとつかなと思っていたのですがそれでも力は出せていたので良かったと思います。

◎今回のGIに向けては厩舎の意気も上がってきているのではないでしょうか?
 前回もしっかりと成績を残してくれたので、期待はしています。

◎今回も強い相手が揃ってますね?
 レースに向けてはコパノリッキーと武豊さんにお願いするしかないですね。こちらとしてはしっかりやってこれたと思うので。

◎いよいよダートの頂点を決める一戦となりますが?
 骨折による休養からレースに復帰する前から、ここを目標にしっかり調整できてきたと思いますので応援をよろしくお願いします。


●コパノリッキー(武豊騎手)
◎今朝のコパノリッキーはどんな感じだったでしょう?
 馬の状態は前回のレースから順調に来ていると聞いていましたし、今日の調教もある程度仕上がっているので軽い追い切りで大丈夫ということでした。

◎前回は快勝でした。新たにコパノリッキーへの思いがあったかと思いますが?
 今年、フェブラリーステークスを勝ってくれて、その後に骨折がわかったので心配していました。復帰戦はちょっと本来の走りではないと思ったのですが、2回目の前回はキッチリといい走りをしてくれて強い競馬をしてくれたので改めて強い馬だと思いました。

◎最優秀ダートホースを決める大一番になると思いますが?
 今年はフェブラリーステークスを勝っていますし、今回のチャンピオンズカップを勝てればJRAのダートGI2つとも勝かつことになりますから、ぜひこのタイトルをコパノリッキーの取らせてあげたいという気持ちを強いですから、状態もいいですし、相手は当然揃いますけど自分のレースをしてどこまでやれるかなという感じですね。

(取材:佐藤泉)