【チャンピオンズC】栗東レポート~サンビスタ [News]
2015/12/02(水) 21:52
 ようやくこの季節らしい寒い朝となった栗東トレーニングセンター。今朝6時過ぎの気温は1度。しかし、その後、気温はぐんぐん上昇し、調教が終わる11時過ぎには10度を大きく超えていい陽気となった。

 冷たい空気を切るように7時の馬場開場と同時に朝一番でウッドチップコースに入ったサンビスタ。同じ厩舎の2頭を追いかける形で外のフルーキーにジワジワ詰め寄る形のフィニッシュ。軽快な動きを見せた。

 調教後の関係者への共同インタビューの内容は以下のとおり。

●サンビスタ(角居勝彦調教師)
◎今朝の調教の手応えはどういうものだったでしょう?
 古馬ですし女の子ですしずっと競馬を使って来ていますから最後は3頭併せでの調整程度のものでした。

◎GIの大一番ですが、去年のこのレースはよく健闘した形でしたがその時の感じと比べてどうでしょう?
 去年は本当に挑戦という形でした。それ以降ずっとしっかり走って、成績的には勝てないレースもありましたが安定してレースができていると思います。

◎どんな展開が理想なのでしょう?
 ゲートもうまくいったりいかなかったりする馬ですし、それでもしまいはいい脚を使いますし、競馬は乗り手の言う事をよく聞いてくれる子なので競馬ではゲートが開いた後はジョッキーに任せればと思っています。

◎牝馬がダートのGIのタイトルを取れば快挙かと思いますが
 なかなかダートの競馬では強い男馬がひしめいていますから簡単ではないと思いますが、しっかりできていますので何とかいい所をみせてくれたらなと思います。


●サンビスタ(ミルコ・デムーロ騎手)
◎今日はどんな調教でしたでしょうか?
 僕は追い切りに乗っていませんし、まだ角居調教師と話せていません。しかし、何度か追い切りを見ていい馬だと感じています。それと僕はまだダートのGIを牝馬では勝っていません。ですから本当に勝ちたいレースです。

◎この馬で勝ったことのある弟のクリスチャン・デムーロ騎手からは話は聞いていますか?
 本当に真面目な馬みたいですね。本当にいい馬です。いい競馬ができればチャンスがありますと聞いています。

◎中京のダート1800メートルはどんなところを気をつけて乗りたいでしょう?
 中京は少しコーナーが狭い感じですから1コーナーでいいポジションに付けられればいいでしょうね。いいポジションを取ってスムーズなレースができるよう頑張りたいですね。


(取材:佐藤泉)