「ベストターンドアウト賞」の受賞者コメント [News]
2015/11/29(日) 16:23
 本日、ジャパンカップのパドックで、世界主要GIレースのパドックにおいて実施されている、「もっとも美しく手入れされた馬を担当する厩務員」の努力を称え表彰するベストターンドアウト賞の審査が行われ、ラブリーデイの山元譲治調教助手(池江泰寿厩舎)が受賞した。

【審査委員】
ベルトラン・ベランギエ氏(フランスギャロ会長)
松山康久氏(元JRA調教師)
【審査基準】
「馬がよく躾けられ、美しく手入れされ、かつ人馬の一体感を感じさせる引き馬(リード)が行われているか」

~山元譲治調教助手のコメント~
「やりました! 今日はベストターンドアウト賞を意識して、目立つようにグレーのスーツを着てきました(笑)。馬の状態もよく、しっかり仕上げられたことが受賞につながったと思います。ありがとうございます」

(JRA発表による)