【オータムリーフS】(京都)~スーサンジョイが断然人気に応える [News]
2015/11/29(日) 16:15
京都11Rのオータムリーフステークス(3歳以上オープン・ダート1400m)は1番人気スーサンジョイ(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒2(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気サクラエール、さらに1馬身1/4差の3着に7番人気ワンダーコロアールが入った。

スーサンジョイは栗東・岩元市三厩舎の3歳牡馬で、父エンパイアメーカー、母グランジョイ(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は11戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 スーサンジョイ(和田竜二騎手)
「2番手でもレースをしていましたから、慌てることなく運べました。今日は時計通りスムーズにレースができ、力を出し切りました。あとはゴチャついたレースになったときにどうかですね」

2着 サクラエール(幸英明騎手)
「4コーナーで外からナガラオリオンに来られて、そこでスムーズに動けませんでした。そこがスムーズならよかったのですが......。いい脚も使っていましたから、クラスは問題ありません」

3着 ワンダーコロアール(勝浦正樹騎手)
「外にふくれるようなところがあったのが痛かったですね。最後は脚を使って来ていただけに、スムーズならよかったのですが......」

7着 オールブラックス(藤岡康太騎手)
「今日は久々の分、折り合いを欠きました。でも、踏ん張っています。使われての上積みに期待です」