【白菊賞】(京都)~アドマイヤリードが内から抜け出す [News]
2015/11/29(日) 15:14
京都9Rの白菊賞(2歳500万下・牝馬・芝1600m)は5番人気アドマイヤリード(菱田裕二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒7(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気カイザーバル、さらに半馬身差の3着に2番人気サプルマインドが入った。

アドマイヤリードは栗東・松田博資厩舎の2歳牝馬で、父ステイゴールド、母ベルアリュール2(母の父Numerous)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤリード(菱田裕二騎手)
「馬場の内外は差がないと思い、内を突きましたが、前もうまく開いてくれました。新馬戦で強い馬に勝っているように能力はあります。とにかく無事に勝ててよかったです」

2着 カイザーバル(四位洋文騎手)
「気性を考えると、外枠から最高のレースができたと思います。内枠なら前に馬を置けましたが、外枠の分、テンの1ハロンは行きたがりました。そのあとは折り合いました。上のクラスで戦うためにはその点が課題です」

3着 サプルマインド(松山弘平騎手)
「相手はワントゥワンと思い、早めに並んでいきました。もう少し我慢した方がよかったかもしれません」

4着 クリノラホール(幸英明騎手)
「2番手から折り合いもついたスムーズなレースでした。最後も止まっていません。クラスのメドは立ちました」

5着 コパノディール(北村友一騎手)
「ゲートもよくて、いい位置からレースを運べましたが、右にモタれるところが出た分、ラストはジリジリとした脚になりました」

6着 ワントゥワン(藤岡康太騎手)
「スタートも出て、いい位置から無理せず運べましたが、勝負どころで反応がなくなってしまいました」