【シャングリラ賞】(東京)~ニットウビクトリーが直線一気でV [News]
2015/11/29(日) 14:32
東京8Rのシャングリラ賞(3歳以上1000万下・ダート1600m)は3番人気ニットウビクトリー(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒2(稍重)。2馬身差の2着に5番人気シュテルングランツ、さらにクビ差の3着に1番人気マッチレスヒーローが入った。

ニットウビクトリーは美浦・高橋文雅厩舎の6歳牡馬で、父ヘクタープロテクター、母エイシンサーメット(母の父エイシンサンディ)。通算成績は23戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ニットウビクトリー(柴田善臣騎手)
「今日は馬がすごくリラックスしていて、ドッシリとして雰囲気がよかったです。体が充実していますし、レースは自分のリズムで運び、最後まで一生懸命走っていました。今日は何も言うことがないくらいですよ」

2着 シュテルングランツ(内田博幸騎手)
「この馬も脚は使っていますし、がんばっていますが、勝った馬がすごい脚でしたから、仕方ありません」

3着 マッチレスヒーロー(戸崎圭太騎手)
「道中リズムよく運べましたし、脚は使っています」

4着 アナザーバージョン(S.パスキエ騎手)
「スタート直後、馬が行きたがっていたため、理想より少し前の位置取りになってしまった。残り200mまで非常にいい走りをしていたが、最後は脚がなくなった。1400mの方が距離は合うと思う」

5着 リアルプロジェクト(岩田康誠騎手)
「いいペースで走っていますが、いざ追い出すとエンジンがかかるまでに時間がかかります。もう少し距離があった方がいいのかもしれません」