【ラジオNIKKEI杯京都2歳S】(京都)~ドレッドノータスがデビュー2連勝で重賞V [News]
2015/11/28(土) 16:41
京都11RのラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(2歳GIII・芝2000m)は3番人気ドレッドノータス(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒3(良)。アタマ差の2着に5番人気リスペクトアース、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気アドマイヤエイカンが入った。

ドレッドノータスは栗東・矢作芳人厩舎の2歳牡馬で、父ハービンジャー、母ディアデラノビア(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ドレッドノータス(武豊騎手)
「少し行きたがるところがありましたが、向正面ではいい感じになりました。そして直線ではしぶとく脚を使ってくれました。能力の高さが感じられます」

2着 リスペクトアース(戸崎圭太騎手)
「スタートセンスがよく、いいリズムで行けましたから、折り合いも問題ありませんでした。もう少しでした」

3着 アドマイヤエイカン(岩田康誠騎手)
「包まれたくなかったので、早めに動いていって、前を射程圏に入れました。しかし、上がりが速くなるという、この馬にはかわいそうなレースになってしまいました。負けてなお強しのレースでしたが、悔しいです」

5着 ケルフロイデ(M.デムーロ騎手)
「いいスタートを切れましたし、いい位置につけられました。しかし、ずっと同じペースで走っている感じで、それほど切れるというタイプではないようです」

6着 ロライマ(C.ルメール騎手)
「出遅れて後ろからになりました。序盤はいいペースでしたが、向正面で流れが遅くなってしまいました。でも、よくがんばっています。いい馬です」

7着 ウインクルサルーテ(秋山真一郎騎手)
「着順ほど負けていませんでした。距離延長は望むところなので、このまま無事に行ってくれれば来年が楽しみです」

12着 コパノミライ(北村友一騎手)
「上がりが速くなると、最後はついていけなくなってしまいました」