【キャピタルS】(東京)~サンライズメジャーがハナ差しのぐ [News]
2015/11/28(土) 16:15
東京11Rのキャピタルステークス(3歳以上オープン・芝1600m)は7番人気サンライズメジャー(柴山雄一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒2(良)。ハナ差の2着に4番人気ワールドエース、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気グランシルクが入った。

サンライズメジャーは栗東・浜田多実厩舎の6歳牡馬で、父ダイワメジャー、母ティファニータッチ(母の父Deputy Minister)。通算成績は23戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 サンライズメジャー(柴山雄一騎手)
「調教師から『ゲートを出たなりでレースをしてほしい』と言われました。スタートしてすぐに逃げ馬の後ろの位置をとれて、直線では前が開くかどうかと心配でしたが、思った以上にうまく開いてしまい、早めに抜け出す形になりました。抜けてからソラを使いましたが、内から馬が来たらまた反応してくれました。初めて乗りましたが、強い馬です」

2着 ワールドエース(H.ボウマン騎手)
「道中の行きっぷりもよく、スムーズに行けましたが、どうもエンジンがかかるのが遅い馬です。ようやくエンジンがかかったときには前が開かず、開いてからはよく伸びましたが、勝ち馬と接触するロスがありました。着差が着差だけにあのロスが痛かったです。馬の体調は戻っていると思います」

5着 ダノンメジャー(蛯名正義騎手)
「いい感じでしたが、伸びそうで伸びなかったです。手応えからするともっと伸びていいと思うのですが......」

6着 ミッキーオリビエ(浜中俊騎手)
「道中はペースが遅く、行きたがりました。それでも昇級して初めてのオープンでしたし、そんなに差がなく、がんばっていたと思います」