【晩秋S】(東京)~モズライジンが叩き合い制す [News]
2015/11/28(土) 15:57
東京10Rの晩秋ステークス(3歳以上1600万下・ダート2100m)は6番人気モズライジン(中谷雄太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分10秒2(稍重)。ハナ差の2着に3番人気アポロケンタッキー、さらに2馬身差の3着に14番人気セイカフォルテが入った。

モズライジンは栗東・矢作芳人厩舎の3歳牡馬で、父クロフネ、母グランプリオーロラ(母の父ウォーニング)。通算成績は9戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 モズライジン(中谷雄太騎手)
「今日は馬が行きたがりましたが、何とか我慢してくれました。最後もいい伸びをしてくれました。流れが厳しい方が楽にレースができるので、クラスが上がってもレースはしやすいと思います」

2着 アポロケンタッキー(浜中俊騎手)
「がんばってくれたけど、惜しかったですね......」

3着 セイカフォルテ(吉田豊騎手)
「外目の枠でしたから、いい感じで前の動きを見ながらのレースでした。道中さばいてくれましたが、もう少しいい枠だったらよかったです」

4着 キネオイーグル(北村宏司騎手)
「スタートをうまく出て、無理なく追走できました。切れるタイプというよりしぶとく伸びるタイプなので最後はつかまってしまいましたが、よくがんばっています」

5着 ブライトアイディア(津村明秀騎手)
「返し馬から感じがよかったです。気の小さいところがあるので、離れた2番手からいい感じで行けました。いい流れでしたが、最後止まったのは距離の分かもしれません」