【メイクデビュー】(京都5R、6R)~サンライズビーム、ヨウチエンコースが勝利 [News]
2015/11/28(土) 14:01
京都5Rのメイクデビュー京都(芝1600m)は9番人気サンライズビーム(川須栄彦騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒0(良)。半馬身差の2着に8番人気エイシンイクサボシ、さらに1馬身3/4差の3着に3番人気ディープオーパスが入った。

サンライズビームは栗東・羽月友彦厩舎の2歳牡馬で、父ハービンジャー、母ラトーヌサンライズ(母の父タイキシャトル)。

~レース後のコメント~
1着 サンライズビーム(川須栄彦騎手)
「ゲートが速く、逃げてもいいぐらいのスピードがありましたが、2番手で我慢するレースになりました。道中はリラックスしていましたし、ペースも楽でした。ただ、体型から距離はこれぐらいまでかなと思います」

2着 エイシンイクサボシ(小牧太騎手)
「スタートも出て、楽に行かせてもらいました」

3着 ディープオーパス(藤岡康太騎手)
「いいペースで、リズムよくレースができました。追い出すまではいい手応えでしたが、追ってからの反応がもうひとつでした。レース慣れして、もう少し集中力が出てくればいいですね」

4着 ジェルミナーレ(C.ルメール騎手)
「道中は物見をしたりして幼い面を見せていました。ペースが遅い中、直線はがんばって脚を使っていますが、他馬を怖がる面も見せていました。ただ、このレースを使っての変わり身は期待できそうです」


京都6Rのメイクデビュー京都(ダート1400m)は5番人気ヨウチエンコース(小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分27秒7(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気スーセントマリー、さらに1馬身半差の3着に2番人気メイショウミラコロが入った。

ヨウチエンコースは栗東・小崎憲厩舎の2歳牡馬で、父ノボジャック、母エリモジェニー(母の父オジジアン)。

~レース後のコメント~
1着 ヨウチエンコース(小牧太騎手)
「おとなしすぎるところはありますが、素直で、調教が行き届いていました。あまり似ていませんが、父のノボジャックのように走ってくれればいいですね。ノボジャックにも乗っていたので、今後もがんばってもらいたいです」

2着 スーセントマリー(M.デムーロ騎手)
「外枠は大変でしたが、がんばってくれました。ダートは走りますね。距離はこれぐらいがいいでしょう」

3着 メイショウミラコロ(武豊騎手)
「大型馬で初戦はどうかと思っていました。だいぶ外を回らされましたが、いいスピードを見せてくれました」