【ジャパンC】外国馬情報~東京競馬場の3頭、24日の調教状況 [News]
2015/11/24(火) 11:46
  第35回ジャパンカップ(GI)に出走予定の外国馬、イラプト(仏・牡3歳)、イトウ(独・牡4歳)、ナイトフラワー(独・牝3歳)、東京競馬場にいる3頭の、今日24日の調教状況、関係者のコメントは以下の通り。

●イラプト(仏・牡3歳)
 オルリアン・ベレ厩務員が騎乗し、ダートコースでダク1/2周、軽いキャンター3/4周、常歩~ダク1/4周、強いキャンター3/4周、常歩~ダク3/4周。

アントニ・ダヴィ調教助手のコメント
「輸送もうまくいき、状態はとても良いです。ここまで順調に調整をこなしています。明日は芝で速い運動を行う予定です。芝の状態はとても良いと思いますし、馬場も渋っているよりは乾いている方が、この馬には良いと思います」

●イトウ(独・牡4歳)
 レネ・ピューヒュレク調教助手が騎乗し、ダートコースでダク1/2周、キャンター1/2周、常歩200m。

レネ・ピューヒュレク調教助手のコメント
「ここの環境にも慣れてきていて、調整は予定通り進んでいます。明日は軽いキャンターを行う予定で、その後は調教師が馬を見て決めます。この馬は逃げ馬ですが、騎手が出して行った訳ではなく、馬が自ら先頭に立ってレースを進めている形です」

●ナイトフラワー(独・牝3歳)
 イルケ・ヒルデブランド調教助手が騎乗し、ダートコースでダク1/4周、キャンター1周。

イルケ・ヒルデブランド調教助手のコメント
「競馬学校での調整も順調に進みましたし、馬の状態はとても良いです。この馬は男勝りですが、良い性格をしています。馬場入りした時は少し物見をしていましたが、すぐ慣れるので問題はありません。明日も今日と同じ運動を行う予定です」

(JRAからのリリースによる)