【修学院S】(京都)~ハピネスダンサーが逃げ切る [News]
2015/11/23(月) 16:33
京都11Rの修学院ステークス(3歳以上1600万下・芝2000m)は3番人気ハピネスダンサー(小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒8(良)。1馬身差の2着に2番人気アングライフェン、さらに2馬身差の3着に6番人気ショウナンバーキンが入った。

ハピネスダンサーは栗東・高野友和厩舎の4歳牝馬で、父メイショウサムソン、母クロノロジスト(母の父クロフネ)。通算成績は14戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ハピネスダンサー(小牧太騎手)
「状態がとてもよく、楽に先頭に立つことができました。逃げるレースで、久しぶりに最後の直線での速さを感じました。強いレースでした」

2着 アングライフェン(C.ルメール騎手)
「スタートは速くない馬ですが、1コーナーでペースが遅かったので動いていきました。2番手でリラックスして走りましたが、直線はよく伸びたものの相手が上でした。この馬もいいレースをしています」

4着 サングレアル(北村友一騎手)
「上がりだけの競馬になりましたが、この馬もいい脚で伸びています。今日は流れが遅すぎました」

5着 アンドリエッテ(川田将雅騎手)
「内容はここに来てよくなっています。この先に期待したい馬です」

6着 アドマイヤケルソ(H.ボウマン騎手)
「ペースが遅かった分、届きませんでした。今日は休み明けの分もあるでしょう。次はよくなると思います」