【東京スポーツ杯2歳S】(東京)~スマートオーディンが直線一気でV [News]
2015/11/23(月) 16:14
東京11Rの東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GIII・芝1800m)は4番人気スマートオーディン(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒5(良)。1馬身差の2着に2番人気プロディガルサン、さらにクビ差の3着に6番人気マイネルラフレシアが入った。

スマートオーディンは栗東・松田国英厩舎の2歳牡馬で、父ダノンシャンティ、母レディアップステージ(母の父Alzao)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 スマートオーディン(武豊騎手)
「スタートして、向正面ではペースが遅くて行きたがりましたが、馬の後ろにつけて我慢させようとしました。直線に向くまで我慢させて、最後は期待通りでした。よく伸びて、本当にいい切れ味でした。かなりいい馬です。今後が楽しみです」

2着 プロディガルサン(戸崎圭太騎手)
「終いはよく伸びてくれています。気性も成長してきています」

3着 マイネルラフレシア(柴田大知騎手)
「うまくいったと思うのですが、1~2着馬は今日の時点で強いのかもしれません」

4着 キラージョー(藤岡康太騎手)
「先頭に立つまでに併せる形で力んだ分でしょうか。ハミは抜けてくれたのですが......。このローテーションでもしっかり走ってくれました。これでもっとステップアップしてほしいですね」

7着 アグレアーブル(岩田康誠騎手)
「スローペースでしたが、折り合いはつきました。上がりの速い競馬で、いい経験になったと思います。これを次につなげていきたいです。今日は相手が強かったです」

8着 ロスカボス(M.デムーロ騎手)
「ゲートは出てくれたのですが、ペースが遅かったです。この馬は後ろからがんばるタイプで、よく走ってくれましたが、最後は疲れていました」