【メイクデビュー】(京都5R、6R)~ウォーターピオニー、コウエイエンブレムが勝利 [News]
2015/11/23(月) 13:57
京都5Rのメイクデビュー京都(牝馬・芝1400m)は1番人気ウォーターピオニー(岩崎翼騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒6(良)。2馬身差の2着に7番人気タマモブレスレット、さらにクビ差の3着に2番人気サクレディーヴァが入った。

ウォーターピオニーは栗東・河内洋厩舎の2歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母マチカネハヤテ(母の父サクラバクシンオー)。

~レース後のコメント~
1着 ウォーターピオニー(岩崎翼騎手)
「攻め馬がよかったので、自信を持って乗りました。初戦ということで、少し物見をしていましたが、途中からはしっかりハミをとってくれました。普段から引っかかることなく乗りやすいタイプで、距離が延びても大丈夫だと思います。使ってもっとよくなりそうですし、楽しみです」

(河内洋調教師)
「時計も速かったし、内を割って、いい内容の競馬をしてくれました」

3着 サクレディーヴァ(秋山真一郎騎手)
「追い出してからスッと反応できませんでした。初戦でしたし、次はもっと反応できると思います」


京都6Rのメイクデビュー京都(ダート1200m)は1番人気コウエイエンブレム(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分14秒0(良)。4馬身差の2着に2番人気タイキラメール、さらに2馬身半差の3着に3番人気クワッドアーチが入った。

コウエイエンブレムは栗東・山内研二厩舎の2歳牡馬で、父シニスターミニスター、母ニシノシンデレラ(母の父Forty Niner)。

~レース後のコメント~
1着 コウエイエンブレム(松山弘平騎手)
「スタートがよかったですし、ハナに行こうかとも思いましたが、外から主張してくる馬がいたので行かせました。そこからもしっかり脚がたまりましたし、直線も鋭く反応してくれました。強い内容でした」

2着 タイキラメール(幸英明騎手)
「いい手応えでしたし、後ろが来るのを待ってから追い出したのですが......。この馬も伸びていましたし、今日は勝った馬が強かったです」

3着 クワッドアーチ(A.アッゼニ騎手)
「まだ馬が子どもですね。距離をもっと延ばしてもいいと思います。一度使って、次はもっとやれるはずです」