【メイクデビュー】(東京4R、5R)~イーグルフェザー、ハマヒルガオが勝利 [News]
2015/11/23(月) 13:49
東京4Rのメイクデビュー東京(ダート1600m)は5番人気イーグルフェザー(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分40秒1(良)。クビ差の2着に3番人気スケールアップ、さらに5馬身差の3着に6番人気ティアップリバティが入った。

イーグルフェザーは美浦・小笠倫弘厩舎の2歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母アーリーアメリカン(母の父El Corredor)。

~レース後のコメント~
1着 イーグルフェザー(内田博幸騎手)
「ペースが落ち着いていたので、早めに動いていきました。強かったですね」

(小笠倫弘調教師)
「強引かつ豪快な競馬でしたが、最後は併せ馬の形になり、勝負根性を見せてくれました。お母さんもそうでしたし、ダート適性が高かったということですね。このあとは馬の様子を見て、いろいろ考えたいと思います」

2着 スケールアップ(岩田康誠騎手)
「能力はありますが、まだ体が緩いですね」

3着 ティアップリバティ(大野拓弥騎手)
「4コーナーまでは気をつかいながら走っていましたが、直線に向いてからはしっかりと走っていました」

5着 キョウエイラムセス(勝浦正樹騎手)
「もう少し終いの脚があるかと思ったのですが、使って変わると思います」

6着 アオイプリンス(M.デムーロ騎手)
「まだ子どもです。ゲートの中でうるさく、遅れてしまいました。でも、悪くありません。これからよくなってくると思います」


東京5Rのメイクデビュー東京(牝馬・芝1600m)は3番人気ハマヒルガオ(T.ベリー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分39秒7(良)。クビ差の2着に10番人気プルメリアブーケ、さらにクビ差の3着に5番人気クイックモーションが入った。

ハマヒルガオは美浦・堀宣行厩舎の2歳牝馬で、父クロフネ、母ミスアンコール(母の父キングカメハメハ)。

~レース後のコメント~
1着 ハマヒルガオ(T.ベリー騎手)
「非常にいい馬です。これからさらにグレードアップすると思いますので、今後も楽しみです」

3着 クイックモーション(柴山雄一騎手)
「スタートは速かったです。3~4コーナーでペースが遅い中、手応えがありませんでした。他の馬が来てからはエンジンがかかったのですが......。初戦の内容としてはいいですし、これからさらによくなってきそうです」

8着 ヌーベルマリエ(武豊騎手)
「まだ若いです。ピリピリとしていました。最後は止まりましたが、直線ではいい脚を使ってくれました。距離は短い方がいいと思います。覚えなければいけないことがまだ多いようです」

14着 リーネアロッサ(勝浦正樹騎手)
「ゲートの出がよくなくて、進んでいきませんでした。ペースもスローでしたし、何とも言えません」