【霜月S】(東京)~9歳マルカフリートがゴール前で捉える [News]
2015/11/22(日) 16:21
東京11Rの霜月ステークス(3歳以上オープン、ハンデ、ダート1400m)は11番人気マルカフリート(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒2(良)。1馬身1/4差2着に1番人気グレイスフルリープ、さらにクビ差で3着に13番人気ピンポンが入った。

マルカフリートは栗東・浜田多実厩舎の9歳牡馬で、父アフリート、母スプリングアマイン(母の父タヤスツヨシ)。通算成績は28戦10勝。

~レース後のコメント~
1着 マルカフリート(石橋脩騎手)
「9歳馬ですし、出た感じで行こうと思っていました。レースも流れて、無理に追走せず、直線でいい脚を使ってくれたらと思っていましたが、その通りになりました。きちんと仕上げてくれた厩舎の執念の勝利ですね」

2着 グレイスフルリープ(内田博騎手)
「結果的に掛かってしまいましたね。余裕を持って行ったつもりでしたが、馬もやる気になっていて、少し速かったです。それでも力のあるところは証明出来たと思います」

3着 ピンポン(伊藤工騎手)
「うまくあの形のレースが出来て、最後もいい脚を使ってくれました」

4着 ヒラボクプリンス(三浦騎手)
「休み明けで馬がまだ本当ではありませんでしたが、上手な競馬をしてくれて、オープンでもやれると思います」

5着 キクノストーム(今野騎手)
「結果的にもっとためて行かないとダメでしたね。折り合いもついてリラックスして、4コーナーではいい感じでしたが、弾けませんでした」