【からまつ賞】(東京)~トウショウドラフタが後方から楽々抜ける [News]
2015/11/22(日) 15:12
東京9Rのからまつ賞(2歳500万下、芝1400m)は2番人気トウショウドラフタ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒6(良)。1馬身1/2差2着に1番人気ルグランフリソン、さらにクビ差で3着に4番人気フレンチイデアルが入った。

トウショウドラフタは美浦・萱野浩二厩舎の2歳牡馬で、父アンライバルド、母ウイッチトウショウ(母の父ジェイドロバリー)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 トウショウドラフタ(田辺騎手)
「今日は出た感じで、折り合いに専念して行きましたが、ためた分、弾けてくれました。こういう競馬が出来れば1600mでも大丈夫でしょう」

2着 ルグランフリソン(小牧騎手)
「今日は押し出される形で先頭に立ちました。楽なペースで勝ちパターンでしたが、決め脚勝負になってしまいました。ハミ受けは少し良くなってきましたが、まだフラフラしていたりしていました。競馬を覚えてくればもっと良くなると思います」

3着 フレンチイデアル(丸山騎手)
「2着はあるかと思いましたが、まだ体が緩い分、直線も手前を替えたりしていました。そのあたりがしっかりしてくれば変わると思います」

4着 アッラサルーテ(内田博騎手)
「3、4コーナーで流れが落ち着いたところで前に入られて、動いて行きました。少しテンションが高いところがあり、最後苦しくなってしまいました」

5着 トモジャクール(田中勝騎手)
「よく走っていますが、追ってからジリジリとしか伸びませんでした。馬も乗りやすくなってバランスも良くなっています。もう少し力がついてくれば、もっと良くなると思います」