【アンドロメダS】(京都)~古豪トーセンレーヴが復活V [News]
2015/11/21(土) 16:37
京都11Rのアンドロメダステークス(3歳以上オープン・芝2000m)は4番人気トーセンレーヴ(H.ボウマン騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒6(良)。クビ差の2着に6番人気トラストワン、さらに3/4馬身差の3着に1番人気アルバートドックが入った。

トーセンレーヴは栗東・池江泰寿厩舎の7歳牡馬で、父ディープインパクト、母ビワハイジ(母の父Caerleon)。通算成績は23戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 トーセンレーヴ(H.ボウマン騎手)
「いいリズムで5~6番手をとれて、うまく運ぶことができました。ペースもこの馬にとってちょうどよく、焦ることなく、坂の下りで仕掛けましたが、馬もそれに応えて力強く差し切ってくれました。距離もこのくらいで問題ないと思います」

3着 アルバートドック(川田将雅騎手)
「菊花賞のあとですが、よく走っています。もう少しリラックスできるようになるといいですね」

5着 ケツァルテナンゴ(A.シュタルケ騎手)
「このスローペースで馬群が密集して、なかなか外に出せませんでした。スムーズなら勝ち負けだったと思います。折り合いはついていたし、道中はいい形で運べていたので、ペースが流れなかったことが残念でした」