【赤松賞】(東京)~クロコスミアが人気に応える [News]
2015/11/21(土) 15:42
東京9Rの赤松賞(2歳500万下・牝馬・芝1600m)は1番人気クロコスミア(勝浦正樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒1(良)。1馬身差の2着に7番人気アオイプリンセス、さらに3/4馬身差の3着に4番人気ビービーバーレルが入った。

クロコスミアは栗東・西浦勝一厩舎の2歳牝馬で、父ステイゴールド、母デヴェロッペ(母の父ボストンハーバー)。通算成績は7戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 クロコスミア(勝浦正樹騎手)
「目指しているものがありますし、今日は負けられない一戦でした。体は400キロでも根性のすごい馬で、乗っていて心強いです。本当に楽しみです」

(西浦勝一調教師)
「うまくいい位置でジッとして、追い出すタイミングを待ち、ソツのない競馬で力通りの結果を残してくれました。次は阪神JFを目指していきます」

2着 アオイプリンセス(石川裕紀人騎手)
「スタートで反応せず、出負けしてしまいました。新馬戦で内をすくって勝ちましたから、今日も内を突きました。もう一列前にいられれば、勝てたのではと思います」

4着 リリカルホワイト(北村宏司騎手)
「スタートがうまく、コントロールもしやすく、競馬は上手ですね。この流れなら、内で勝負になると思いながら乗っていました。勝ち馬に並んで、やったかと思いましたが、伸び負けしました」

5着 ラベンダーヴァレイ(戸崎圭太騎手)
「センスのいい競馬はしていますが、前にいた馬、内を通った馬が来ていますから、コース取りの差もあると思います」