【パラダイスS】(東京)~レッドスパーダ 直線粘って5勝目 [News]
2013/06/23(日) 16:37
東京11Rのパラダイスステークス(3歳上オープン、芝1400m)は3番人気レッドスパーダ(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒1(良)。1馬身1/4差2着に2番人気ハナズゴール、さらに3/4馬身差で3着に1番人気レオアクティブが入った。

レッドスパーダは美浦・藤沢和雄厩舎の7歳牡馬で、父タイキシャトル、母バービキャット(母の父Storm Cat)。通算成績は19戦5勝となった。

~レース後のコメント~
1着 レッドスパーダ(北村宏騎手)
「気温が上がってきて徐々に体が締まり、状態が良くなっていました。うまく先手を取って自分のリズムで競馬が出来ました。馬場も回復して粘れました。ブリンカーの効果もあったと思います」

2着 ハナズゴール(吉原騎手)
「中団くらいにつけて、追い出した時の反応が良かったので突き抜けると思いました。しかし、前に並んだところで同じ脚になってしまいました。結構ペースが流れているようで流れてなく、この時計で差すには厳しかったです」

3着 レオアクティブ(杉浦宏昭調教師)
「前に行った馬が残る馬場でしたから、外から差すのは厳しいです。この馬なりに脚は使っているのですが...。次は1200mを目指したいと思います」

4着 ラインブラッド(柴田大騎手)
「以前に1回乗りましたが、長くいい脚を使う印象がありました。切れる脚はありませんが、しぶとく一生懸命走る馬です」

5着 ムクドク(田辺騎手)
「右回りは右にモタれてしまうので、左回りは乗りやすいです。出せば行く馬ですが、1400mは忙しいかもしれません。早めに追い出す形になるので...」

7着 オセアニアボス(吉田豊騎手)
「道悪は得意なので内にピッタリつけてロスなく回りましたが、もう少し伸びてくれれば良かったです」