【メイクデビュー】(東京4R、5R)~ブラウンアニマート、スズハヤトウーが勝利 [News]
2015/11/21(土) 13:54
東京4Rのメイクデビュー東京(ダート1300m)は3番人気ブラウンアニマート(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒7(稍重)。1馬身半差の2着に2番人気アシャカラウマ、さらに1馬身3/4差の3着に13番人気クインズカリナンが入った。

ブラウンアニマートは美浦・武藤善則厩舎の2歳牡馬で、父スペシャルウィーク、母スズランコマンダー(母の父スエヒロコマンダー)。

~レース後のコメント~
1着 ブラウンアニマート(津村明秀騎手)
「いい競馬ができました。東京コースなので前が塞がっていましたが、どこか開くだろうと見ていました。最後は期待通りの伸びでした。もう少し距離がもつようであれば楽しみですね。芝でも走れそうな感じです」

(武藤善則調教師)
「最初は短距離馬かと思いましたが、折り合いも問題なかったですし、今後マイルぐらいまで距離がもてばいいですね。ダートか芝か、今後のことは2~3戦してからでないと決められないと思います」

3着 クインズカリナン(勝浦正樹騎手)
「今日これだけ走れれば楽しみです。精神的にも肉体的にもまだこれからよくなりそうです」

4着 フレッシュギャル(田辺裕信騎手)
「気がいいタイプで、道中もう少しタメがきくといいと思います」

6着 ボーナスチャンス(大野拓弥騎手)
「背中や腰がまだ緩いのですが、終いは脚を使えました。上がり目は十分あると思います」


東京5Rのメイクデビュー東京(芝1800m)は8番人気スズハヤトウー(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒7(良)。クビ差の2着に3番人気ベストレート、さらに3/4馬身差の3着に2番人気モズジョイが入った。

スズハヤトウーは美浦・松永康利厩舎の2歳牡馬で、父ダノンシャンティ、母ダンシングナウ(母の父ダンシングブレーヴ)。

~レース後のコメント~
1着 スズハヤトウー(田中勝春騎手)
「しぶとかったです。もともと調教でも力のあるところを見せていましたからね。流れが遅くて恵まれた面もありますが、勝ててよかったです」

2着 ベストレート(蛯名正義騎手)
「自信があったらハナに行っていたのですが、物見をしていて、最後は脚色が一緒になってしまいました。まだ体が緩いところと、気持ちが不安定なところがあります。心身ともに成長してくればいいですね。徐々によくなっていきそうです」

3着 モズジョイ(中谷雄太騎手)
「前半はハミをとっていませんでしたが、最後はいい脚を使ってくれました。いい馬なので、すぐに勝てると思います。真面目さが出れば、さらにいいと思います」

4着 ウインヴォラーレ(松岡正海騎手)
「ハナに行くことも考えましたが、次のことを考えて控えました。センスがいいですし、終いも粘り強いです」

6着 ブラスロック(戸崎圭太騎手)
「特に問題なく、上手に走ってくれました。踏ん張れるようになってくればいいと思います」