【オーロC】(東京)~ロサギガンティアが直線抜け出す [News]
2015/11/15(日) 17:23
東京11Rのオーロカップ(3歳以上オープン・芝1400m)は2番人気ロサギガンティア(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒7(稍重)。1馬身1/4差の2着に5番人気アルバタックス、さらに半馬身差の3着に3番人気アイラインが入った。

ロサギガンティアは美浦・藤沢和雄厩舎の4歳牡馬で、父フジキセキ、母ターフローズ(母の父Big Shuffle)。通算成績は16戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ロサギガンティア(柴田善臣騎手)
「今日はよく走ってくれました。馬場が渋っていたのも味方してくれたと思います」

2着 アルバタックス(内田博幸騎手)
「よく走ってくれました。少し後方になりすぎたかなと思いましたが、それでもうまく前をさばいてこられました」

3着 アイライン(松岡正海騎手)
「いい走りでした。1600mまで距離がもてばいいのですが......」

7着 タガノブルグ(北村宏司騎手)
「ちょっと緩い馬場が得意ではないようで、ノメっていました。乾いていれば突き抜けそうなのですが......」