【黄菊賞】(京都)~バティスティーニが3馬身半差で快勝 [News]
2015/11/15(日) 15:20
京都9Rの黄菊賞(2歳500万下・芝2000m)は1番人気バティスティーニ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒0(稍重)。3馬身半差の2着に2番人気レヴィンインパクト、さらに1馬身半差の3着に7番人気アラバスターが入った。

バティスティーニは栗東・松田国英厩舎の2歳牡馬で、父キングカメハメハ、母バプティスタ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 バティスティーニ(C.ルメール騎手)
「今日はあまりスタートが速くなくて後ろからになりましたが、リラックスして走っていて、いい経験になりました。4コーナーから反応して、いい瞬発力を見せてくれました。まだ若いですが、直線の反応も素晴らしかったです」

(松田国英調教師)
「今日は3歳になったときに、さらに長い距離を走れるイメージができるような走りをしてくれました。今後は年内にもう1走、長めの距離のレースに使うことを考えています。まだコロンとした体型ですし、少しずつトレーニングを強くしていって、走りやすい体にしていきたいです」

2着 レヴィンインパクト(R.ムーア騎手)
「4コーナーで少し詰まるようなところはありましたが、それを言い訳にはしたくありません。この馬は2400mぐらいに距離が延びてもいいと思います。レース前に少しイレ込むところはありましたが、レースは落ち着いて走っていました。ただ、今日は勝った馬が強かったです」