【メイクデビュー】(東京5R、6R)~マイネルハニー、ドーヴァーが勝利 [News]
2015/11/15(日) 15:15
東京5Rのメイクデビュー東京(芝1600m)は6番人気マイネルハニー(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒1(重)。7馬身差の2着に7番人気コスモロングソード、さらに半馬身差の3着に1番人気エンジェルサインが入った。

マイネルハニーは美浦・栗田博憲厩舎の2歳牡馬で、父マツリダゴッホ、母ブライアンハニー(母の父ナリタブライアン)。

~レース後のコメント~
1着 マイネルハニー(内田博幸騎手)
「ハミがかりがいいと聞いていました。スタートをうまく出ましたし、気持ちよく走らせようと心がけました。今日のような馬場も気にしていませんでしたし、最後までしっかり走ってくれました」

3着 エンジェルサイン(田辺裕信騎手)
「追い切りの感触がよかったです。スムーズに走れましたが、瞬発力がまだ足りないので、その分の差が出てしまいました」

5着 プラトリーナ(北村宏司騎手)
「スタートでは他の馬の様子を見ながらで、隣の馬にびっくりして怯んでいました。3コーナー手前くらいから、ようやくいいハミがかりになって、直線ではいいところを出せました。次は前半スムーズに走れるでしょうし、もっとやれると思います」


東京6Rのメイクデビュー東京(芝1400m)は1番人気ドーヴァー(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒7(重)。2馬身差の2着に2番人気チェッキーノ、さらに3馬身差の3着に8番人気ラレッサングルが入った。

ドーヴァーは美浦・伊藤圭三厩舎の2歳牡馬で、父アドマイヤムーン、母オルダニー(母の父Elusive Quality)。

~レース後のコメント~
1着 ドーヴァー(田辺裕信騎手)
「スタートセンスのある馬です。まだ子どもっぽいところがあって、追い出してからの心配もあったのですが、思ったよりしっかり走ってくれます。外へ出したのはこちらの意思で、言うことを聞いて走ってくれます。短い距離の方がよさそうです」

2着 チェッキーノ(北村宏司騎手)
「前半は流してポジションを取りにいきました。前につけてからはスムーズで、最後までよく伸びています。勝ち馬に並ぶところまではいきませんでしたが、落ち着いて走っていました」

3着 ラレッサングル(柴田善臣騎手)
「スタートして、両サイドから寄られて後ろからでした。返し馬から、この馬場状態が合っていそうでした。最後までよく伸びています」