【メイクデビュー】(京都5R、6R)~キャノンストーム、ソルヴェイグが勝利 [News]
2015/11/15(日) 13:58
京都5Rのメイクデビュー京都(芝1800m)は4番人気キャノンストーム(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒5(重)。2馬身差の2着に1番人気ギモーヴ、さらに1馬身半差の3着に11番人気シンゼンドリームが入った。

キャノンストームは栗東・笹田和秀厩舎の2歳牡馬で、父ワークフォース、母ティンクルハート(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 キャノンストーム(武豊騎手)
「いい勝ち方でした。ステッキを入れてからの反応がいい馬です。パワータイプで、今日の馬場も向きました。距離は延びても大丈夫です。課題があるとすれば速い時計への対応でしょう」

(笹田和秀調教師)
「父がワークフォースなので力の要る馬場も合っていたとは思いますが、センスのいい馬で距離はもっと長くてもいい馬です。今後についてはジョッキーと相談してレースを決めたいと思います」

2着 ギモーヴ(戸崎圭太騎手)
「新馬戦としては上手に走っています。クセのない馬で、レースではまったく問題ありませんでした」

3着 シンゼンドリーム(秋山真一郎騎手)
「調教で騎乗して、いい感触を持っていました。緩い馬場がどうかと思いましたが、最後までがんばって走っていました。いいモノを持っている馬です」

4着 サンライズサーカス(川田将雅騎手)
「まだまだ幼い感じのする馬です。これからよくなってくれると思います」

12着 マグレブ(C.ルメール騎手)
「右にモタれながら走っていました。今日のような馬場も合っていませんでした」


京都6Rのメイクデビュー京都(芝1400m)は1番人気ソルヴェイグ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒3(重)。半馬身差の2着に3番人気トウシンスパーク、さらに5馬身差の3着に7番人気ラブリーラッフルが入った。

ソルヴェイグは栗東・鮫島一歩厩舎の2歳牝馬で、父ダイワメジャー、母アスドゥクール(母の父ジャングルポケット)。

~レース後のコメント~
1着 ソルヴェイグ(川田将雅騎手)
「前半はスムーズな競馬ができたのですが、3~4コーナーで外に逃げたりとまだ幼い面があります。そのあたりが解消すれば、もっといい走りができるはずです」

2着 トウシンスパーク(戸崎圭太騎手)
「向正面ではついていくのに手間取っていましたが、3コーナーでハミがかかるといい感じで走ってくれました。今日は相手も強かったですが、センスのある馬です」

4着 ブラックインパクト(A.アッゼニ騎手)
「陣営から『先行してほしい』と言われていましたが、ゲートでチャカついて後ろからになってしまいました。それでも最後はいい脚を使えましたし、次につながる競馬はできたと思います。もう少し距離があってもいいでしょう」