【エリザベス女王杯】栗東レポート~ノボリディアーナ [News]
2015/11/11(水) 17:25
◎11月15日(日曜日)京都競馬場で行われる第40回エリザベス女王杯(芝2200m牝 サラ3歳上,オープン GI)に出走を予定しているノボリディアーナについて追い切り後、関係者のコメントは以下の通り。

☆ノボリディアーナについて、松永昌博調教師

・前走の府中牝馬ステークスは今までに無いレースの形で自分が思っていたよりも凄い脚を見せてくれました。人気も無く気楽にレースが出来たことも良かったのかも知れませんが、夏の小倉日経オープンあたりから状態が上向きだったこともよかったのでしょう。

・ただ今回は相手もかなり強化されますし距離も400m延長になりますから条件的にはかなり厳しくなりますね。

・でも元々500万下と白百合ステークスを勝ったころは期待していた馬、ゲートの問題で成績にムラがありましたがここ3~4走は大丈夫です。5歳の秋、今充実期を迎えています。

・追い切りに関しては先週一杯にやっていますから、今朝の坂路は予定通り。ずっと順調に乗り込んで、状態に関して注文をつけるところはありません。

・距離の2200mが今回の不安材料ですが状態の良さで何とかクリアできるか、何とか前走のような脚を見せてくれるか、期待をもってレースに臨みたいと思います。

取材:檜川彰人.