【エリザベス女王杯】美浦レポート~マリアライト [News]
2015/11/11(水) 16:33
 15日(日)に京都競馬場で行われる第40回エリザベス女王杯(GI)に登録をしているマリアライト(牝4、美浦・久保田貴士厩舎)について、久保田貴士調教師のコメントは以下の通り。

(前走のオールカマー5着を振り返って)
「休み明けで、体も若干余裕残しでした。牡馬の強いところを相手にどこまで来られるかというのを正直見ていました。終いしっかり、最後は渋太く食い下がってきてくれました。満足の行く内容だったと思います。
 強い牝馬などいろいろ出ていました。それに今後はぶつかっていかなければいけないので、力試しの一戦だったと思います」

(前走から中6週、調整過程は?)
「しばらく楽をさせて、一ヶ月ぐらい前から徐々にペースを上げていくというのが、この馬のいつものパターンです。今回は輸送もありますし、一週前までにはだいたい仕上げておこうと考えていて、順調には来たと思います」

(調教の動きの評価について)
「(一週前は)併せ馬で、しっかりと負荷をかけられるように、終いまでしっかりと追って、馬の気持ちを作っておこうと思いました。先週の動きでほぼ満足の行く動きができていました。良い追い切りだったと思います。
 (最終は)先週の時点である程度できているので、馬の気分を損ねないように、のびのびと気持ち良く走らせてあげようと、あまりストレスをかけない調教を心がけました。良い頃の感じに戻って、しっかりと前走より絞れて、動ける体になっています。前走より上積みはあります」

(今回のレースへ向けて)
「距離を延ばしてきて、だんだんと結果が出てきた馬です。京都の2200mという、牝馬の長い距離のGIというのはなかなかないので、今年はここに出したいなと思っていました。この馬にとっての舞台としては、良い条件だと思っています。
 (コースは)いろいろな競馬場で走っている馬ですし、それほど気にしてはいません。
 (輸送は)古馬になってきましたし、それほど苦にしないで阪神の時もクリアしてくれました。同じような感じで持っていけたら良いです。
 かなり良いメンバーが揃っていますし、この馬の力でどこまで通用するのかなと見ています。決して駄目ということはなく、一発狙っていこうと思っています。
 最後まであきらめずに、渋太く、切れる脚も使えますし、根性のある牝馬なので、その辺には期待しています。
 3歳の頃から期待をしていた馬なのですが、ようやくこの舞台に立つことができました。まだまだこれからやってくれると思いますので、今回も応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)