【みやこS】(京都)~ロワジャルダンが内から抜けて重賞初V [News]
2015/11/08(日) 17:01
京都11Rの第6回みやこステークス(GIII、3歳以上、ダート1800m)は7番人気ロワジャルダン(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒8(不良)。アタマ差2着に6番人気カゼノコ、さらにクビ差で3着に4番人気ローマンレジェンドが入った。

ロワジャルダンは美浦・戸田博文厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母アグネスショコラ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は11戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ロワジャルダン(浜中騎手)
「内側でロスなく競馬が出来ましたが、直線では外から他の馬が来ていたので、ゴールしても勝ったかどうか分かりませんでした。馬がよく頑張ってくれました。ペースは速いと思っていましたが、この馬のリズムを大切にして乗りました。その形がうまくはまってくれました。いいメンバーが揃った中、勝つことが出来ました。希望を持ってGIに向かえるので、楽しみです」

2着 カゼノコ(秋山騎手)
「頑張りました。しかし、前に1頭いましたね。残念です」

3着 ローマンレジェンド(岩田騎手)
「元々一線級の馬ですから、これくらいのパフォーマンスは出来ます。この馬としては完璧なレースでしたが、1着、2着の馬にそれ以上にいいレースをされました。次に期待します」

4着 アスカノロマン(太宰騎手)
「道中はいい感じでしたが、3コーナーで反応が鈍りました。4コーナーで外に出しましたが、内が思った以上に空きましたね。直線挟まれる不利があったものの、もう少しスムースなら上の着順はあったかもしれません」

5着 クリノスターオー(幸騎手)
「ペースが速かったです。勝負どころでズブくなるので早めに動きました。しかし、4コーナー手前で止めるようなところがありました」

6着 ダノンリバティ(戸崎騎手)
「外々を回ったことが痛かったです。あとは特に問題ありませんでした」

7着 モンドクラッセ(三浦騎手)
「ハナに行く馬がいたので、今日は相手のペースで2番手からになりました。4コーナーは持ったままで、これは...ということでしたが、これが重賞の壁でしょうか。この厳しい馬場で、これだけのメンバーで戦ったのですから、これをキッカケにもっと頑張ってもらいたいですね」

8着 スリータイタン(松山騎手)
「格上挑戦でしたが頑張っています」

9着 マイネルクロップ(アッゼニ騎手)
「ペースに乗りにくい馬なので、3コーナーから仕掛けた方がいいと思っていました。しかし、追い出してから反応がありませんでした。5ヶ月の休み明けも響いていたでしょうか」

11着 ソロル(ルメール騎手)
「いいポジションでした。しかし、バックストレッチで頭を上げて、右にモタれて走れていませんでした。最後はバテていました」