【京洛S】(京都)~ネロが直線突き抜ける [News]
2015/11/08(日) 16:09
京都10Rの京洛ステークス(3歳以上オープン、ハンデ、芝1200m)は2番人気ネロ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒9(重)。3馬身1/2差2着に6番人気アースソニック、さらにハナ差で3着に1番人気レッドオーヴァルが入った。

ネロは栗東・森秀行厩舎の4歳牡馬で、父ヨハネスブルグ、母ニシノタカラヅカ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は23戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ネロ(戸崎騎手)
「行き脚がつかなかったので、いつもより後ろで競馬をしました。終いもしっかりとしていました。幅が広がって、強い競馬でした。今後も楽しみです」

2着 アースソニック(小牧騎手)
「この馬場も気にしていませんでした。折り合いもついていましたし、うまくはまりました」

4着 マイネルエテルネル(シュタルケ騎手)
「出して競馬をしようと思っていましたが、行けませんでした。あとは馬のリズムで余力を残すように競馬をしました。コーナーで内にモタれるところがあって、それを矯正する形になり、そこが痛かったです。直線では一瞬2着もあるかという脚でしたが、相手もいたことですから仕方がありません。次につながるいい走りが出来ました。道悪もすごく上手です」

5着 サフィロス(浜中騎手)
「この前はいい感じで行っていましたが、今日は馬場が悪いし、馬群に入るところもなく、内にモタれてしまいました。仕方がありません。まっすぐ行けたらいいところまで来ていたと思います」