【花園S】(京都)~パワーポケットが逃げ切って3連勝 [News]
2015/11/08(日) 15:38
京都9Rの花園ステークス(3歳以上1600万下、ダート1900m)は1番人気パワーポケット(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒5(不良)。3馬身1/2差2着に11番人気マヤノオントロジー、さらに2馬身差で3着に7番人気マルケサスが入った。

パワーポケットは美浦・二ノ宮敬厩舎の3歳牡馬で、父エンパイアメーカー、母タカラグリーン(母の父タマモクロス)。通算成績は11戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 パワーポケット(三浦騎手)
「前走はゲートで幼さを見せていましたが、今日は返し馬から落ち着いていました。前走は6~7分ぐらいでしたが、今日にかけていい過程を踏めたことが勝利の要因だと思います。馬場に恵まれたところはあったにしても、今日は完勝です」

2着 マヤノオントロジー(北村友騎手)
「こういう馬場も合っているのかもしれません。流れもうまくいったこともあったのかと思いますが、折り合いもついて、いいレースをしてくれました」

3着 マルケサス(アッゼニ騎手)
「あまり良くないと聞いていたゲートが今日は悪くありませんでした。押して行ってポジションを取った後は内々でロスなく運べました。3コーナーでうまく息が入ってチャンスだと思ったのですが、今日は勝ち馬が強かったですね」

4着 スギノハルバード(浜中騎手)
「砂を被るのは平気でした。今日のような速い馬場はあまり得意ではないようですが、力のあるところを見せてくれました」

5着 セイスコーピオン(シュタルケ騎手)
「出して行くと気分を害するので、フワーッとこの馬のリズムを作りながらのレースでした。今日のような馬場、展開は、この馬には向きませんでしたが、4コーナーで内をつけばもう少し上の着順があったかもしれません」