【メイクデビュー】(京都5R、6R)~ゼンノトライブ、ラルクが勝利 [News]
2015/11/07(土) 14:13
京都5Rのメイクデビュー京都(芝1400m)は7番人気ゼンノトライブ(田中健騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒0(良)。1馬身1/4差の2着に6番人気ハリー、さらに3/4馬身差の3着に2番人気カイが入った。

ゼンノトライブは栗東・浅見秀一厩舎の2歳牡馬で、父ステイゴールド、母ジュリアビコー(母の父ジェイドロバリー)。

~レース後のコメント~
1着 ゼンノトライブ(田中健騎手)
「ゲートの出は、練習のときからあのような感じでした。道中は外へ逃げ気味でしたが、最後はしっかりと走っています。真面目な馬ですし、強い内容でした。距離はもちそうです」

2着 ハリー(浜中俊騎手)
「調教のときのウッドチップよりも今日の芝の方が動きます。道中は少し気をつかって行けませんでしたが、ラストはしっかり脚を使ってくれました。今後が楽しみになるような内容でした」

3着 カイ(小牧太騎手)
「道中は少し気をつかったのか、あまり進んでいかない感じでした。でも、これで慣れてくるでしょう。能力は高いです」

4着 メイショウグンパイ(池添謙一騎手)
「スタートよく、馬なりで位置がとれて、直線もうまくさばけました。追ったあとは少しジリジリとした感じでしたが、これでよくなってきそうです」

5着 クリノサンレオ(酒井学騎手)
「まだ余裕があります。調教のときからしぶとさを生かす方がいいタイプだったので、4コーナー手前から動いていきました。もう少し突かれる形の方が力を発揮できそうです」

7着 ローエキスキーズ(C.ルメール騎手)
「物見をするなどまだ若いですね。これを使ってよくなるでしょう。1400mにはしっかり対応しています」


京都6Rのメイクデビュー京都(牝馬・芝1600m)は1番人気ラルク(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒4(良)。3馬身半差の2着に2番人気パローマ、さらに半馬身差の3着に3番人気タガノガンチャンが入った。

ラルクは栗東・松永幹夫厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母ライラックスアンドレース(母の父Flower Alley)。

~レース後のコメント~
1着 ラルク(武豊騎手)
「芝でさらによさが出ました。さすがは良血馬です。完璧なデビュー戦でした。内枠で控える必要もありませんでした。大物感があります」

(松永幹夫調教師)
「ゲート入りが悪くて、他の馬に迷惑をかけました。それでもスタートはよく、レース内容はよかったです。次走についてはもう少し考えたいと思います」

2着 パローマ(C.ルメール騎手)
「物見をしていましたが、乗りやすい馬です。距離はちょうどよかったです。いい馬ですが、勝った馬が強かったです」

3着 タガノガンチャン(和田竜二騎手)
「返し馬ではとぼけている感じで、道中もフワフワしていました。しかし、エンジンがかかってからはよかったです」

4着 エクロジオン(岩田康誠騎手)
「レースでは乗りやすいのですが、まだ気持ちがついていっていません」