【メイクデビュー】(東京5R、6R)~レッドエトワール、アルーアキャロルが勝利 [News]
2015/11/07(土) 13:52
東京5Rのメイクデビュー東京(牝馬・芝1400m)は2番人気レッドエトワール(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒2(良)。3/4馬身差の2着に8番人気シャララ、さらにアタマ差の3着に3番人気ショコラーチが入った。

レッドエトワールは美浦・久保田貴厩舎の2歳牝馬で、父ワークフォース、母フレンチノワール(母の父フレンチデピュティ)。

~レース後のコメント~
1着 レッドエトワール(田辺裕信騎手)
「体つきが子どもっぽい馬ですが、お母さんが古馬に力をつけた馬。芝で走れたこともよかったですし、ペースが遅い中、差し切れたこともよかったです」

2着 シャララ(C.デムーロ騎手)
「スタートが速く、先頭に立ってからもしっかり走っていました。直線で仕掛けると反応していましたし、勝ってほしかったのですが、次走もがんばれると思います」

3着 ショコラーチ(石川裕紀人騎手)
「最後はいい脚でしたし、この形を覚えていけば勝ち負けできると思います」

4着 パテティーク(柴田大知騎手)
「周りに気をつかうので、慣れが必要かと思いましたが、初戦としてはよかったと思います」

6着 ダイワウィズミー(戸崎圭太騎手)
「4コーナーに入るまではよかったのですが、直線でササッていました。まだ競馬をわかっていないので、使ってからだと思います」


東京6Rのメイクデビュー東京(ダート1600m)は1番人気アルーアキャロル(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分39秒1(良)。7馬身差の2着に6番人気モンスターキング、さらにハナ差の3着に2番人気ナンヨーアーミーが入った。

アルーアキャロルは美浦・新開幸一厩舎の2歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母タバスコキャロル(母の父トニービン)。

~レース後のコメント~
1着 アルーアキャロル(大野拓弥騎手)
「まだ体を持て余しているところはありますが、攻め馬は動いていましたし、今日も直線では遊びながら走って勝ってくれました。強い勝ち方だと思います。体に緩いところがあるので、そこがしっかりしてくればもっといいでしょう。動きたいところで動けるのがいいですね」

2着 モンスターキング(蛯名正義騎手)
「走る気持ちがあって、スタートして楽に前へ行けました。ペースに恵まれたところはありますが、センスはよく、走りそうな馬です。よく走っています」

5着 ダイワネーブル(北村宏司騎手)
「奥手のイメージがありましたが、初戦としてはよく走ってくれました。前半は自分のリズムで行けて、直線ではそれなりに伸びてくれました。少しずつよくなってくると思います」