【アルゼンチン共和国杯】栗東レポート~フラガラッハ [News]
2015/11/04(水) 21:01
調教開始が朝7時となった栗東トレーニングセンター。
今朝は少し冷え込んで朝6時半の気温は7度。今年初めてダウンベストを着込んでの取材となった。

7時過ぎ、朝の第一グループの中で坂路コースを駆け上がったフラガラッハは800メートル51秒台を計時。昨年7歳にしてマイル路線から中距離路線に舞台を移して今年前半は少しずつ形になってきているが今回は半年以上の休養明け。状態が気になるところだ。

調教後の関係者へのインタビューの内容は以下のとおり。

●フラガラッハ(松永幹夫調教師)
◎7ヶ月以上休んでいましたが、戻ってきてからはどう過ごしたでしょう?
 順調ですね。いつもどおり坂路中心で追い切って・・・。順調に追えてますね。

◎8歳になった今年は比較的長い距離のレースを走っていますが? 
 以前は1600メートルを走っていましたが、今は1600メートルでは付いていけないので長い距離を使っているのですが、それなりに頑張ってくれてますね。

◎先週、今週の調教の動きはどうでしょう?
 いいですよ。足元も今のところ大丈夫ですし、順調ですね。

◎今日も坂路コースでしっかりした動きでしたが?
 しっかりできましたし、順調だと思います。

◎ハンデはなかなか軽くなりませんが?
 ハンデは57.5キロの時もありましたし、それは仕方ないかなと思いますけど。

◎休み明けとしてはいい形で臨めそうですか?
 と言ってもだいぶレース間隔が開いてますしね。どんな競馬をしてくれるか・・・。それと、いつものことですがスタートが悪くて。前回のレースで調教再審査にもなりましたしね。やはりスタートをうまく決めてもらいたいですね。

(取材:佐藤泉)