【アルゼンチン共和国杯】美浦レポート~ゴールドアクター [News]
2015/11/04(水) 17:04
8日(日)東京競馬場で行われるアルゼンチン共和国杯(GII)に出走予定のゴールドアクター(牡4、美浦・中川公成厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◯ゴールドアクターについて中川公成調教師

「前走のオクトーバーSはハンデが重く、そのうえ久々の左回りで直線の長いコースだったのでその辺りがどうかと思っていましたが、全てクリアしてくれましたね。(復帰後2連勝となったが)馬もしっかりしてきて大人になってきて、力をつけてきているようです。

先週水曜、そして今朝と吉田隼人騎手に乗ってもらいました。ここまでは順調に来ていますね。先週の追い切りで、掛かるまではいかなくても少しハミを噛んでいたので、今朝の追い切りではその辺りに注意して乗ってもらいましたが、今日はその点はクリアしていつものこの馬に戻っていました。動きも良かったですし、力が出せる状態でレースに向かえると思います。

(去年と比較して)体高が伸びて大きくなっていますし、3歳時にずっとあったトモの弱さも解消してきました。その辺りが結果につながっているのだと思います。今回は古馬のオープン級と初めて対戦するので、やってみないことにはわかりませんが、東京コースは前回でクリアしてくれましたし、距離も心配ありません。スタートも出るし二の脚もあるし、道中の折り合いも問題無いですしラストも脚を使えますし、競馬が上手なタイプ。ジョッキーも乗りやすいと思います。ここまで順調に来て、力を出せる状態ですので、応援お願いします」

(取材:小塚歩)