【アルゼンチン共和国杯】美浦レポート~マイネルフロスト [News]
2015/11/04(水) 17:00
8日(日)東京競馬場で行われるアルゼンチン共和国杯(GII)に出走予定のマイネルフロスト(牡4、美浦・高木登厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◯マイネルフロストについて高木登調教師

「(前走について)休み明けだとどうしても、乗り込んでいても状態が上がってこないところがあり、その不安が的中してしまいましたね。前走後は厩舎にそのまま在厩しての調整で、やはり一度使ったことで馬がピリッとしてきて、馬体も先週からだいぶ良くなってきました。

1週前追い切りは、いい時の出来にはもう一つ足りないという動きでした。その後、先週の金曜日ぐらいから馬に張りがでてきていい状態になってきたと思ったのですが、今朝の追い切りも終いの反応はまだ今一つかなというところがありました。先週と比べると数段良くなっていますし、距離の長いレースですから、あまりテンションを上げるよりはと、いい方に解釈しています。

(コースに関して)タフな競馬になるでしょうが、日本ダービーでも3着でしたし、頑張ってもらいたいです。2500mは決して得意な距離ではないと思いますが、最近はレースでも掛からなくなってきていますのでコントロールできるのではと思います。だいぶ立ち直ってきましたので、また頑張りたいと思います。応援お願いします」

(取材:小塚歩)