【JBCスプリント】(大井)~紅一点コーリンベリー逃げ切り!牝馬の優勝はレース史上初 [News]
2015/11/03(火) 16:29
3日(火)大井競馬場(晴 不良)で行われた第15回JBCスプリント(JpnI ダート1200m)はメンバー中唯一の牝馬、3番人気の牝馬コーリンベリーが後続の追い上げを凌いで逃げ切り。人馬ともに初のJpnI制覇となった。JBCスプリントを牝馬が制するのはレース史上初めて。

抜群のダッシュでコーリンベリーがハナに立ち、タガノジンガロ、ポワゾンブラックが直後に続く。ダノンレジェンドも早めに進出。ノーザンリバーとサトノタイガーが好位の後ろ、ベストウォーリアはそのあと。ドリームバレンチノとレーザーバレットは後方からレースを進めた。コーリンベリーの逃げ脚は衰えず、直線を向いて後続を突き放す。ダノンレジェンドが差を詰めるが、コーリンベリーがそのまま押し切り先頭でゴールを駆け抜けた。

勝ちタイム1分10秒9、勝利騎手はJRA・松山弘平。

1番人気ダノンレジェンドが2着、3着争いは混戦となったが2番人気ベストウォーリアが3着。4着レーザーバレット、5着ドリームバレンチノでJRA勢が掲示板独占。地方馬最先着はサトノタイガー(浦和)で6着だった。

コーリンベリーは父サウスヴィグラス、母コーリンラヴィアン(母の父ミシックトライブ)、牝4歳栗毛馬。柴田政見調教師の勇退に伴い、小野次郎厩舎に転厩してこれが初戦だった。通算成績16戦7勝、重賞はかきつばた記念(名古屋)に続く2勝目。松山弘平騎手、小野次郎調教師ともJpnI初制覇。牝馬の優勝はJBCスプリント史上初、コーリンベリーの父サウスヴィグラスは2003年の第3回JBCスプリント(大井)を勝っていて父子制覇達成と、記録ずくめの勝利となった。

<レース後の関係者のコメント>
1着 コーリンベリー(松山弘平騎手)
「スピードがあって力強い走りをしてくれました。追ってからもしっかり反応してくれましたし、手前もうまく替えてくれたかなと思います。今はまだ短いところの馬ですが、落ち着きが出てきましたし、もう少し長い距離でもやれそうな感覚があります」

(小野次郎調教師)
「前走後からうちの厩舎に来た馬で、普段から落ち着いていましたし、松山騎手も『栗東時代より落ち着いている』と言ってくれていましたし、順調に来られたのかなと思います。騎手には、新たな一面を引き出して欲しいと指示を出しましたが、自慢のスピードをうまく生かしてくれたと思います。最初から預かっていた馬ではないので、責任を果たせたという気持ちが大きいです。距離の融通は利きそうで、1600mまでは大丈夫だと思います。ファンの皆さんの期待に応えられるよう、これからも頑張ります」

2着 ダノンレジェンド(ミルコ・デムーロ騎手)
「この馬自身、スタートもポジションも良かったのですが、勝った馬が止まりませんでした」

4着 レーザーバレット(戸崎圭太騎手)
「後ろからのレースになりましたし、前に行かれてしまう流れだと厳しいです。手前を替えたかったのですが、替えられませんでした」

5着 ドリームバレンチノ(岩田康誠騎手)
「行くか行かないか中途半端になってしまいました。状態は良かったですし、内を回っていれば弾けていたかもしれません」

(取材:米田元気、山本直)